ニュージーランド ロトルアMTB紀行(5)

今日の教訓
一度走ったことがある場所は気分が楽だ。

2017/5/19(金)今日は晴天!今日深夜に空港へ向かうので、午前中にライドを済ませ、午後は片付けと睡眠の予定。そのため、12:00〜のシャトルバスは使えず。

Split Enzに再挑戦したかったので、Hill Rd→Moerangi Rd→Time Warp→Split Enz→The Connection→Taura→Yellow Brick Returnの閉鎖なし最短コースの予定。
e0063242_16090046.jpg
昨日はまったく見えなかった景色。Time Warp〜Split Enz絶景かな絶景かな。湖は形的に火口湖かな?
e0063242_16073214.jpg
昨日と同じ場所なのですが、こんな素敵な景色だったのですね。
e0063242_22364349.jpg
もう一度来ておいて良かった!

昨日はなかった工事や倒木に対処しても2.5時間。1日の走行量として体力的にちょうどいい感じかなと。

片付けをして、大きな荷物を車に積み就寝。この時、水がなくなってしまい、のどがカラカラの状態が続くことになる。ニュージーランドの水道は大きな配管が銅で緑青が出ているので、飲まない方がいい。と思っていたら、どうも緑青が毒というのは根拠が無いらしいので、気にせず飲んでも大丈夫みたいです。

2017/5/20(土)午前1時に起きて晩御飯を食べ、準備をして午前2時にホテルを出発。お世話になりました。
ハイビームでないと何も見えない田舎道をひた走る。対向車が来たからといってロービームにするとホントに何も見えなくなるので超危険。それくらい暗い。ここが森の中なのか?牧場地帯なのか?川の上なのか?海の上なのか?隣の車線すらよく分からず暗闇を走り抜ける。Get Wildが頭の中で流れたのはナイショだ。でも、あれはもっと都会の話か。おっとJASR…
午前5時20分にレンタカー会社が提携しているホテルに到着。青メタのオーリスくんはよく走ってくれました。鍵を返し、しばらく待つとバンがやってきて空港へ。

空港についてまずは水分補給。スポーツドリンクと水でのどを潤す。落ち着いたところで、チェックインが始まったので、手続きへ。大きな荷物が手を離れたので、空港をウロウロと。

腹が減ったのでKFCを食す。が、固くてモソモソしていて飲み込めない。日本のKFCって美味しいのねん。
KFCと格闘しているとフランス語訛の英語で同属っぽい女性(ヲタっぽいともいう)がちょっとバックパックを見ておいてくれというので「OK」というとどこかへ行ってしまう。なぜか彼女がいなくなってからその周りにLVなどのわかりやすいブランド品で全身を固めた中国人が大勢集まってくる。盗むような人達ではなさそうだなと思いつつも念のため見張っておく。噛んでも噛んでものどを通らないKFCとの長期戦を諦めてもまだ戻ってこない。「もしかして時限爆弾?」なんて思ってたらやっとこさで戻ってきた。まあ、ネタにはならなかったが平和で何よりだ。
搭乗口へ向かう途中の免税店というのはなんなんでしょうね。香水、酒、タバコ、わかりやすい高級腕時計…ん〜どうでもいい。

今の旅客機ってタブレットの機能が充実しててすごいですねぇ。昔は、一つの大画面を座席越しに見ていたものですが、今は個別に映画や音楽、その他もろもろの情報を得られてしまうなんて。行きは「ララランド」これは出来が良かったので二度みてしまいました。ラストは「結局そいうことかい!」と憤慨してしまいますがw。帰りは「スターウォーズ ローグワン」と「モアナと伝説の海」。ローグワンは…。モアナは、公式通りの作りでした。
ニュージランド航空の食事美味しかったです。

というわけで、無事帰国しました。
結構な困難に直面しまくり、色々悟りがひらけました。財布は軽くなったけど良い経験になりました。

[PR]