ロールへの道

 本日は滝山ツーピース練習場に行って来ました。高速を使えば、以前とほとんど変わらない時間で現場にまで行けたのは幸いでした。
 今日はロールの練習をすることにしました。ロールとはテーブルトップやダブルジャンプなどを前輪を上げたまま通過することで、フロントがバタバタするために速度が落ちるのを防ぐテクニックです。
 M上さんのご指導(ありがとうございましたm(_ _)m)によると、これまでのなめる時に抜重するのとは違い、ロールをするにはフロントを上げるためにむしろコブのフロントサイドにタイヤを突き刺すつもりで進入し、タイミングよく脚でペダルを前に押し出すとよいとの事。
 中々、押し出すタイミングがつかめなかったものの、数回ロールを成功させることが出来ました。徐々にコツをつかみつつありるようです( ̄ー ̄)ニヤリッ
 
[PR]