最下位脱出ならず・・・('A`)

 さあ、前回の雪辱を果たすべくやってきた緑山。今回はBMXとMTBのダブルエントリーを行うため、レンタカーを借りてやってきた。やっぱ、車があると便利ッス。

 9時に会場到着。BMX、MTB共に何とか練習走行に間に合う。あと30分は早くついたほうが余裕があってよいかも。なんか、体が重いんですけど・・・。先週の練習時には軽々と登れた巨大なテーブルトップを「ヨイショ」とよじ登る感じ(原因は後ほど解明)。

 レース開始じゃーっ!!おっしゃ、今日こそはビリ脱出どころかあたまとったる!!と気合は充分。BMX予選1回目。ダメぽ・・・(´・ω・`)。スタート時に左足をペダルに上手く乗せられず、バランスを崩す。やはり、スタンディングができないと話にならねぇッス(要、練習)。しかし、ゴール時、ブービーの背中まであとわずかだった。微妙に成長!?MTB予選1回目。やっぱ、緑山でNRS3は無謀でスた。リアの減衰を掛け忘れたせいもあり(予選終了後の練習時に気付く)、着地やギャップを通過するたびにボヨンボヨンと跳ねまくる。でも、BMXよりはブービーの背中が近かった。あと、1車身位だ。予選2回3回とも同様の展開。スタートで左足を踏み外し、出遅れ、あと 少しでブービーに手が届くという始末。

まあ、今日の所はこれくらいで許しておいてやろう!!
・゚・(ノД`)・゚・。うわぁぁん

 小川輪業さんブースで昼食を頂き(いつもありがとうございます)、準決勝、決勝を見学。

e0063242_185438.jpg小学生は女の子が速いッス

e0063242_193556.jpg激しいデッドヒート!!


 BMXエリートクラスは段違いに速いッス。あれ!?世界チャンプ三瓶将廣選手が来ないぞ?よくわからないが、自分から死角になっているところで多重クラッシュがあった模様?勝ったのは、以前4X講習の講師をしてくださった黒田淳選手。パチパチパチ。
e0063242_1122670.jpgブッチギリの黒田選手


 さて、恒例のレース後練習。まずはリラックスして慣らし走行っと・・・ん!?レースのときより速くないか?巨大なテーブルトップもヒョイッと乗れるし。漕ぎも力を入れずにクルクル回した方がスピードが出ているぞ。やはり、予選はレースに対する緊張から体がガチガチになっていたようだ。次回からは、あまり頑張らない様にしよう。三瓶選手からSTAATSのアルミ製MTBのプロトタイプを借りる。難しいことは解らんが、自分のBMXもMTBもハンドルをもっと幅広なもの(685mm)にした方がよいだろうという事はよく解った。練習の際の写真を見ても明らかに体に対してハンドル幅が狭い。

 翌日筋肉痛を残さないように3周クールダウンラップをこなす(効果絶大!!)。一度、目の前に飛び込んできた転倒車両を避けきれずに突っ込んだが、さすがダイネーゼだ何ともないぜ!!転倒した子に自転車が当たる事はなく、自爆による打ち身と擦り傷だけのようで一安心。

[PR]