東日本BMX選手権大会in上越

今週末は上越へ行ってきました。

土曜日は公式練習日だったのですが、自分が到着したときには曇りになっていたものの、コースコンディションが微妙なため、スタートゲート+第1、2ストレート半分までしか走行できず。

しかし、入り口入って直ぐに新設されたミニトラックは走行可。ギャップは最高でも50cm程度だが、コレが結構奥深く、プッシュが連続して決まるとグングンスピードが乗り気持ちいい!20m四方もあれば作れるので、全国の大き目の公園に設置してほしいなぁ…そういえば川崎の扇島のBMXトラック計画はどうなったんだろう?

日曜日。朝から土砂降りの雨。でも、レース決行。REDLINEのテントに間借りさせていただきました。ありがとうございます。

上下コンビニで買ったレインコートを着込み不快指数MAX。外からの湿気は防ぐものの、汗が蒸発しないので、練習走行で既に中のプロテクターとジャージはビショビショ。

レースは8人モトで5-6-8位。予選落ち。ローカルではマスターズとかを走っているような人たちを相手にこの成績ならばボチボチか。予選第3ヒートになると雨はほとんど止んでいたものの、ぬかるみ度は増して、真っ直ぐ走る事が難しい程。で、第3ストレートで転倒→ビリという訳です。
e0063242_1385333.jpg117番です。
(写真:UBULOG

そんなコンディションなので、スーパークラス(エリート)決勝でも波乱が。ゲートは三瓶選手が飛び出したものの、ぬかるみにハンドルを取られた?ところを古性選手が刺し、そのままゴールへ。
他の決勝レースでも転倒者続出。意外にアスファルトバーム進入時の転倒が多く、また痛そうだった。

今回はコースコンディションが悪かったものの、やっぱり上越のコースはいい!
[PR]