カテゴリ:自転車(イダテン)( 201 )

10/16(土)、今年はちょっと早めに「ありがとうパノラマ」こと「ありパノ」の4Xレースがありました。

予選では、クリートがはまらないままスタートする大失敗。何秒だったんだろ?

決勝。今回は男子オープンクラスにHighとLowの区別が無くかなり厳しい。

ゲートはボチボチだったが、最初のステップアップの捌きで差が付いてしまい、3位に。何とか次につなぐため、2位を狙う。プロセクション後のバームが大きく、抜きやすい場所でもあるため、そこまでにできるだけ追いつこうと必死に漕ぎまくる。そして、プロセクション。いつもより跳びすぎてしまい(跳び切れてはいない)、ビビってなぜかフロントブレーキを強くかけてしまった。バランスを崩し転倒モード。しかし、プロセクションの上から転落するとダメージがデカイ。何とかバイクにしがみつき持ちこたえようとしたものの、こらえきれず、プロセクションバックサイド途中で前転。転がる事でダメージを逃がしたので、たいした怪我も無く再スタート。しかし、勿論ビリだ。
e0063242_153840.jpgプロクラス決勝。永田隼也が大きくリード。後続は最終バームまで大迫力のデッドヒート。2位栗瀬裕太、3位九島賛汰。

この日はメーカーによる試乗会も実施。
Shimano XTRコンポ
やっぱXTRすげ~。トラクションかけっぱなしでもガンガン変速する。クロカンで勝つなら必須だろう。リアに36があっても42-26だとキツイ。42-26クランクに38-24は使えないのかな?PCD違う?それより値段が・・・

TREK Superfly
TREK-GFコレクション-となったSuperfly。期待の29er。カラーリングが非常にカッコよくなった。マットな白、黒、青の配色が素敵だ。
異様なほど登る。漕ぎはかなり軽い。大きなタイヤのお陰で、多少のギャップなどものともせずに登れる。これは強力だ。
初めてガレた下りを29erで挑戦。ダメだった。よくハンドリングがダルいとか言われるが、そんなのは気にならない。しかし、171cmの身長では17.5サイズはTOPチューブが長く、腰をサドルより後ろに持っていけないという致命的な問題が生じてしまった。15.5サイズだとどうなんだろう?
あと、TREKは、取扱店舗が少ないという問題を何とかして欲しいものだ。

GIANT Glory01
白に青のカラーリングがカッコイイ!Sサイズを軽く乗ってみて、Mサイズをまたがってみた。Sサイズだと振り回せるが、ホイールベースの短さを感じる。若干ピーキーか。ヘッドもDHバイクにしては立ち気味だしね。171cmだとMサイズの方がいいかもしれない(Mは170~195cm推奨)。

GIANT ANTHEM X
アルミのANTHEM X。重いホイールのせいで色々スポイルされているが、素性は良い。FフォークはFOXの15mmスルーなのでOK。しかし、リアサスはRP2(素人には違いが良く分からんが)。ホイールを換えて走ってみたい。
クロカンは短時間走るならカーボンハードテイルが楽しい。
ダブルサスは海外のような激しい下りのあるレースで勝つためや王滝のようなロングライドを目的とするならよさげ。
カーボンダブルサスは・・・万能だけど高い・・・

GIANTは、MTBもロードも材質を問わず、いずれもヘッド周りの剛性感が高く、安心して旋回できる。コーナリングに関する設計レベルは頭一つどころか10個くらい抜きん出ているんじゃなかろうか?
[PR]
10/3(日)、久々にゴリラ公園の定期戦に参戦。
雨続きだったため、整備をすれど第一コーナーが滑りやすく、大幅減速を余儀なくされる。

しかし、スタートさえ前に出られれば、第一コーナーで後続を撹乱する事が出来、結果はなんと予選1-1-1位!!
写真を見るとニヤけてばかり。これは滑りやすい路面のため、微妙にスライドして苦笑いというのがホンネ。
e0063242_0313187.jpg写真:KasukabeVisionFilmz その1その2


決勝は残念ながら4位。スタートは両側に挟まれ3位転落。なぜか第1コーナーでコースアウトし、4位転落。最終バームで3位のHさんを刺そうとしたものの、ちょっとブロックされただけで脆くもバランスを崩し転倒。写真を見ると相変わらず腰の位置が高いなぁ。
e0063242_034324.jpg写真:KasukabeVisionFilmz その3

AkabaneVisionFilmz その1

[PR]
FRGの夏と言えば、芝スラ。芝スラは、テクニックも大事だが、タイヤへの依存度が高い競技。今回は、ノマド用のMinion2.5を使用し、タイヤ任せで勝負する事を目論む。
e0063242_14491894.jpgこれはプロクラスかな。

YETI DJにMinion2.5を履かせた所、微妙にシートステーを擦るため、予選だけDJを使用。体調不良で、試走に間に合わず、初見で予選。結果はボロボロ。

フレームにタイヤが当たるのは不快なので、ノマドに乗り換え。去年も芝スラはノマドだったな。今年は、下り用のセッティングがマシになっているので、もうちょっと行けるでしょう。

予選結果の発表。オープンDクラス。オープンで最も遅いクラスになった。小学生も結構いるクラスであり、小学生に負ける訳には行かないという変なプレッシャーがかかる。

第1戦。相手は小学生。小学生とは言え、油断出来ないのが自転車の世界。勿論、本気で行くのが礼儀だ。ほとんど漕がずに行ったが、2回とも自爆してくれたのか勝利。リアサス万歳!滑りやすい芝では、掛けすぎた荷重をサスが加減してくれるのは助かる。

第2戦。またもや相手は小学生。緑山の常連のため、気は抜けない。1本目、結構いい勝負。最後の直線は本気で漕いだ。ギリギリで勝ち。2本目、これまたいい勝負。これもギリギリ勝利。危ない、危ない。

第3戦。今度は大人。なんか良く分からないけど、2本とも大差を付けて勝利。第2戦よりはやりやすい。

第4戦、決勝戦。相手はSURYのPugsleyをドリフトさせながら走る強者。Wサスのノマド&MinionのハイテクバイクとリジッドPugsleyのローテクバイクの戦いでもある。1本目、普通に走ったものの結構な差を付けられてしまった。実力差は明確だ。2本目は、無茶をしてでも積極的に行かなければ勝ち目は無い。ポール3本目くらいで自分が転倒。力み過ぎ。終わった…。相手は冷静に捌き、余裕でゴール。

最後に負けたのは悔しいが、またしても表彰台、しかも、順位は1つ上がって2位は気分がいい(オープンDだけど…)。商品もいっぱいもらえたしね。ゴーグルにヘッドカム、メッセンジャーバッグ…使えるものばかり。FRGは商品が豪華だから参加費のもとを簡単にとれるのが嬉しい。GIANTのカーボンTranceもあったし。
e0063242_14485029.jpgまたしても表彰台!

[PR]
6月の第1戦は、雨のため欠場し、ひよったったため、今年初めての4Xレース。
土曜のレースという事で朝3時起きでそのままレースというのはなかなかしんどい。

試走。1本目をヘロヘロと走って戻ってくると「未就学クラス以外は全員プロレーンを走って下さい」との事。今年のプロレーンは全然走っていないので、不安が…。では、プロレーンへGO!なめればいいやなんて思っていたら、リップが立っていて飛ばされてしまう。バーム後のダブルも飛びきるのは難しく、必ずゲシってしまう。ん〜難しい。

予選タイムトライアル。まぁ、こんなもんじゃないですか?といった可も無く不可も無くな感じで、47秒台?オープンのLowクラスでした。

本戦1本目。2人モトなので、競る必要は無いが、レーススピードを体験しておきたかったので、本気でいってみた。スタートで前に出て、後はブロックという、いつもの手口で勝ち。

本戦2本目。4人モト。スタートで2番手。このまま行けるかと思ったら、第1バームで刺された。とはいえ、それほど差がある訳でもなく、3回くらいアタックのチャンスがあったのに、イマイチ強引になりきれず、そのまま3位でゴール。敗退。某プロクラスの選手に「あれは行っちゃえたでしょ〜」と言われる。確かにプロクラスとかのレースを見るとかなりガチガチ当たっており、そういうレースなので、もっと積極的にいってしまっていいはずなんだよな〜。

今回もプロクラスの決勝は凄かった。バーム毎に順位がガラリと入れ替わる劇的な展開で、記憶だけでは誰がどこでどうなったかを言えないくらい。プロレーン後のダブルで九島勇気が刺し、プロクラスを制した。是非この迫力は現場で自分の目で確かめてもらいたいですね。その価値があります。
e0063242_1439219.jpgプロクラス決勝

Banshee Rampantに試乗。これは凄い!ダブルサスのネガを感じない。ボビングするとホイールベースが伸びる仕様なのか、漕ぐほど前に出る。ゲシッても変なおつりを食らわない。コーナーでは掛けすぎた荷重をサスが逃がしてくれ、簡単にコーナリング限界が上がる。サスがジャンプの踏切を手伝ってくれる。といい事ずくめ。4Xやショートトラックをやる人は一度試してみるといいかもしれません。ダブルサスに対する考え方が変わるでしょう。

Intense 951をちょろっと平地で。これはダウンヒルバイクとしてはかなり乗りやすい部類と思われる。BBがかなり低い(低すぎてフレームをヒットするかもしれないが)。171cmの身長ではMサイズでOK。
e0063242_14395069.jpg井出川選手。今回のベストショット。携帯のカメラで頑張ってみた。

[PR]
8月の定期戦といえば、地獄の猛暑の中ライバルを制するよりも熱射病を制する方が大変というのが定番。今年も、朝から暑いものの、時折そよ風が吹き「最悪」ではない環境。

今回は体力を考慮し、BMXのシングルエントリー。公式練習も本気フルコース2本とゲート以外は流した2本と程々で済ませた。

予選。5人モトの1人落ち。しかし、メンツを見ると油断は出来ない。1本目、相変わらずゲートのタイミングは良いのだが、最初のダブルでやられてしまう。4位。2本目、似たような展開。先月同様、AKOGさんが明らかに速くなっている。4位。3本目、ゲートも決まり、最初のダブルもギリギリまで漕ぎきった。第2ストレート進入時点で2位。決勝進出確定組は流していると思われるが、チャンスとばかりに2位確定を狙う。激しい追い上げも無く、そのままゴールへ。2位。予選まとめ、4-4-2位/5人モト。

決勝。7人モト。ゲート選択は最後で7ゲート。スタートはバッチリ!最初のダブルで平面着地をやってしまったが、4位くらいか。第1バームで1名転倒。バーム最上段に逃げて回避。第2ストレート前半でOKWさんに抜かれた(記憶は曖昧)!?しかし、第3ストレートでOKWさんにみるみる追いつき、第3バーム手前でロックオン!インが空いている!スルッとインに入り込み第3バーム上で若干の接触があったものの、両者転倒はなくブレイク。ここで3位浮上!!第4ストレートで若干乱れたものの、YETIの安定系フレームのお陰か転倒には至らずゴールへ。3位確定!!
事の一部始終はAkabaneVisionFilmsで。

苦節5年、緑山で初の3位表彰台。いや〜、いいものですね。ようやくといった感じです。
e0063242_11585195.jpg

9月のナイトレースもこの調子でがんばります。
[PR]
梅雨が明けたと思ったら熱帯夜となり、寝不足気味の朝。
夏の行楽シーズンがスタートなのか、道も混み気味。ルートによっては結構な渋滞にはまった人もいた模様。

会場着。日差しが刺すように痛い。撮影セットは相変わらずだ。外壁はアレでいいのだろうか?いつ撮影するんだろう?
そして、なぜか冬用タイツを持ってくるという失策。履いた瞬間「気持ち悪い・・・」。

練習走行。走り終わると血の気が引くのが分かる。今日は程ほどにしておいた方が良さそう。とりあえず、BMX、MTB2本ずつ流す。鏡で自分の顔をみてビックリ。物凄いクマが出来ていた。寝不足の影響か?

BMX予選。4-4-4位/5人モト。最小限の労力で予選突破を目指した。とはいえ、AOGさんが速くなっていることにビビる。予選通過。

MTB予選。5-5-5位/6人モト。きついモトだったこともあるが、BMX優先という事もあり、ムリせず。予選敗退。

BMX決勝。ギリギリ通過なので、ゲートは勿論選べず、第8ゲート。スタートはいつも良いのだが、最初のダブルでゴボウ抜かれのいつもの展開。そろそろ何とかしないとね。2人位後ろにいるのを音で感じながらいやらしくブロック。5位との差は大きく、第4バームで強引にアタックをかければ抜けたかもしれないが、自爆してビリになる可能性も高そうだったので、普通にバームに入り、そのままゴール。6位/8人モト。
とにかく、課題は最初のダブル。アレをきちんと処理できれば表彰台も見えてくるのでは?

帰宅後、熱中症みたいな症状に。結構水分補給はしていたつもりだけど、足りなかったみたい。気をつけなければ。
[PR]
以前、山の中でパンクし、チューブは持っていながら、チューブレスリムからタイヤを外せずに半ベソをかいた経験からチューブレスリムからのタイヤの外し方を小川輪業にて教えてもらいました。

まず、空気を抜き、ビードをリム真ん中の溝に落とすわけだが、これが最大の難関。というか勘違いしていた。ビードがはまっている所から、真ん中の溝にかけての間には微妙ながらそれは高い高い山脈がそびえているのだ。平らだと思い込んでいたので、ズラせばいいだろなんて思っていたのだが、それは無茶というもの。

ビードを溝に落とすためにはバルブ側を下に地面に置き、バルブの反対側辺りを両手で「ぐわしっ!」とタイヤを鷲掴みにして変形させつつ、体ごと後ろに倒れ込むかのようにして、山脈を乗り越えさせるのだ。

「山脈を乗り越えさせる必要がある」「そのために変形させる」という原理が分かってしまえば比較的簡単なもので、握力30kg台位の非力な自分でも、まぁ何とかなるもの。とはいえ、握力20kg台の人だとどうかなぁ?何だかんだで、山脈を乗り越えさせるためにタイヤを変形させるのは力技なので。

片側のビードを真ん中の溝に落としたら、もう一方を溝に落とさずに、リムから外してしまう。チューブが入っている場合は、この段階で、チューブを取ってしまう。チューブ交換だけなら、両側外す必然性はない。タイヤ交換の場合は、もう片方のビードも同様に山脈を乗り越えさせる一連の作業を行う。

タイヤの種類にもよるだろうけど、ケブラービードのチューブドタイヤなら何とかなるかな。

で、NOMAD夏仕様のタイヤはミニオンDH2.5 F/R USTになりました。前転は防げないけど、フロントが流れてコケるのは少し減るかな?
[PR]
e0063242_23445333.jpg
YETI率高め。

1週間前から雨予報が出続けていたものの、いい天気。勿論、レース決行。でも、アレだけ「雨、雨」言われていれば別の予定を入れてしまった人も多かったはず。また、どんぐり戦隊が結婚式参列のためレース不参加により、人数はかなり少なめ。BMX30オーバー、MTB30オーバー共に準決勝なし。

モト数が少ないからダブルエントリーがきつい。予選の段階からBMXから戻ってくると直ぐにMTBという状況で、決勝行ったらどうなる事やら。
BMX、4-4-4位/5人モト。「決勝行ければいいかな?」という感じで、程々のところで。3本目のスタートは良かった。最初のダブルまではトップだったはず。ダブル前に漕ぎを止めるタイミングが早すぎるんだな。
MTB、4-4-4位/6人モト。こちらも「決勝行ければめっけモン」位で。3本目はバテていたこともあり、第1バームまでは危うくビリになる所だった。バームのライン取りは色々練習で試しているのでレパートリー豊富です。

で、ダブルで決勝に・・・
BMX、記憶なし・・・。何か、本能でレースしていた気がする。ゲートは6ゲートだったな。6位/8人モト。
MTB、BMXから戻り、集合場所へ直行。既に呼び出し済みという状況。エキパやエリートのように待ってくれるということは無く。脚がプルプルしたままゲートイン。スタートは良くは無いが、悪くも無い感じ。脚が終わっているが、第1バームのライン取りで勝負!インからアウトに被せ、3人くらいゴボウ抜きにし、更に前へと思ったが、勢いあまって先行者に追突しそうになり、ブレーキフルロック、一時停止、ゴボウ抜かれ。あとは巡航モード、と思っていたら第4ストレートで転倒者。3人が足踏み状態。2人を刺し、ゴールへ。6位/8人モト。

人数が少なかったとはいえ、結果には満足。まだまだ、上を目指すよ~。
[PR]
またしても富士見パノラマ行ってきました。

30分家を出るのが遅かったためにガッツリと渋滞にはまってしまい、到着は10:30過ぎ。やっぱり、富士見に行くときは金曜の仕事を早目に切り上げて、早目の就寝、早目の起床が必要ですね。

C→A→A→B→4Xと堪能しました。今週はコースが乾きすぎでグリップせず、先週より遥かに難しい。

Aコースでは軽い高速コーナー(ホントに軽~くカーブしているだけ)でフロントからコケるほどパサパサ。先週の転倒の痛みが再発。以後、のんびりペース。でも、先週前転した赤土の急坂は安全ラインを見つけることが出来たので良し。

Bコースはみんなと一緒に行ったものの、途中ではぐれてしまうほど置いていかれてしまいました。うう・・・。ま、Bコースを走るのは2年ぶりくらいだったからという事にしておこう。

4Xコース。まず、バームの高さが増し、初心者でも安心して遠心力と戦えます。自分にとってこの感覚は実は初めてかもしれない。なるほど~皆は普段こんな感じで曲がっているんだ!と新鮮な感動。第3ストレートのリズムは大変なことになっています。ジャンプとロールができる人は有利です。出来ない場合は・・・しっかりプッシュを入れれば何とかなる?最終バームも高さが増したものの、コーナー出口に近づくにつれ急に低くなるので、オーバースピードだと飛び出します。レースのときはゴールテントの位置を考えた方がいいかもね。

YETI303DH、やっぱりYETIはいい。ホイールベースに対するBBの高さの比率が適切で乗り易い。これは、YETIがこだわっている部分らしく、Webサイトでもエンジニアがしばしば語っている。どんな凄腕のライダーでもミスはするわけで、結局レースで勝てるように機材がするべき事は、誰にとってもミスをおこりにくくする事、ミスをカバーするような作りにする事なんじゃないかと。反応が良くて、ツボにはまれば抜群に速いけど、はまらなければリタイヤなんて機材では結局勝てないし、万人向けの商品としても成功しないよね~。YETIはその辺が良く出来てる。バイクだと、いい意味でホンダ的というか。
[PR]
2010年になってから初めて富士見パノラマに行ってきました。
意外にも渋滞はなく、9時前には到着。10時からネットで作業をするのでCコース2本で準備運動。
10時から一時休憩で、11時前には再開。
ん~、そろそろAコース行ってみてもいいんじゃね?今日、A走っている人少なそうだし。そんなに邪魔にならんでしょ。てな感じでAコースへGO!
ギャ~!ウワァ~!!みたいな感じで、ドロップオフにてこずり、急な傾斜のせいでブレーキを握る中指の感覚がなくなってきたり、Cとは比べ物にならない程ガレガレだったりで、もう大変!!
でも、楽しい。Cと違って、コーナーにはほとんどカントがついているし、コース幅や旋回角度に関してリズムがとり易く、とにかくいいんです!
そんななんで、5本も走っちゃいました。2本目からは大分慣れて、叫ぶ事もなくそれなりに走れるように。しかし、5本目は悲惨だった。体力が尽きてきて、十分に腰を引けないため、前転を2回メイク。危うく鎖骨クラブ入会する所でした。2回目の前転は本当にしょぼいドロップで「なんで?」って感じ。しかも、ハンドルとトップチューブに足が挟まり、身動きできず、しばらくその場でホイホイにかかったゴキみたいにもがいていました…
締めはCコース。長い!いつまで続くんだよ!ってくらいAに比べると長い。かなり体力を削られた。
Aを走るようになって思ったのは、前後200mmのディスクローターが欲しい、チェーンデバイスが欲しい、ホイールベースはもっと長い方がいいって事。お仕事頑張りま~す。

あと、4Xコースが明日オープンです。基本レイアウトは去年から変わっていませんが、細かいジャンプが増えて、上手い人はどれをロールで、どれをジャンプでこなすか、走り込んで決める必要があるかもしれません。
[PR]