<   2010年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

FRGの夏と言えば、芝スラ。芝スラは、テクニックも大事だが、タイヤへの依存度が高い競技。今回は、ノマド用のMinion2.5を使用し、タイヤ任せで勝負する事を目論む。
e0063242_14491894.jpgこれはプロクラスかな。

YETI DJにMinion2.5を履かせた所、微妙にシートステーを擦るため、予選だけDJを使用。体調不良で、試走に間に合わず、初見で予選。結果はボロボロ。

フレームにタイヤが当たるのは不快なので、ノマドに乗り換え。去年も芝スラはノマドだったな。今年は、下り用のセッティングがマシになっているので、もうちょっと行けるでしょう。

予選結果の発表。オープンDクラス。オープンで最も遅いクラスになった。小学生も結構いるクラスであり、小学生に負ける訳には行かないという変なプレッシャーがかかる。

第1戦。相手は小学生。小学生とは言え、油断出来ないのが自転車の世界。勿論、本気で行くのが礼儀だ。ほとんど漕がずに行ったが、2回とも自爆してくれたのか勝利。リアサス万歳!滑りやすい芝では、掛けすぎた荷重をサスが加減してくれるのは助かる。

第2戦。またもや相手は小学生。緑山の常連のため、気は抜けない。1本目、結構いい勝負。最後の直線は本気で漕いだ。ギリギリで勝ち。2本目、これまたいい勝負。これもギリギリ勝利。危ない、危ない。

第3戦。今度は大人。なんか良く分からないけど、2本とも大差を付けて勝利。第2戦よりはやりやすい。

第4戦、決勝戦。相手はSURYのPugsleyをドリフトさせながら走る強者。Wサスのノマド&MinionのハイテクバイクとリジッドPugsleyのローテクバイクの戦いでもある。1本目、普通に走ったものの結構な差を付けられてしまった。実力差は明確だ。2本目は、無茶をしてでも積極的に行かなければ勝ち目は無い。ポール3本目くらいで自分が転倒。力み過ぎ。終わった…。相手は冷静に捌き、余裕でゴール。

最後に負けたのは悔しいが、またしても表彰台、しかも、順位は1つ上がって2位は気分がいい(オープンDだけど…)。商品もいっぱいもらえたしね。ゴーグルにヘッドカム、メッセンジャーバッグ…使えるものばかり。FRGは商品が豪華だから参加費のもとを簡単にとれるのが嬉しい。GIANTのカーボンTranceもあったし。
e0063242_14485029.jpgまたしても表彰台!

[PR]
6月の第1戦は、雨のため欠場し、ひよったったため、今年初めての4Xレース。
土曜のレースという事で朝3時起きでそのままレースというのはなかなかしんどい。

試走。1本目をヘロヘロと走って戻ってくると「未就学クラス以外は全員プロレーンを走って下さい」との事。今年のプロレーンは全然走っていないので、不安が…。では、プロレーンへGO!なめればいいやなんて思っていたら、リップが立っていて飛ばされてしまう。バーム後のダブルも飛びきるのは難しく、必ずゲシってしまう。ん〜難しい。

予選タイムトライアル。まぁ、こんなもんじゃないですか?といった可も無く不可も無くな感じで、47秒台?オープンのLowクラスでした。

本戦1本目。2人モトなので、競る必要は無いが、レーススピードを体験しておきたかったので、本気でいってみた。スタートで前に出て、後はブロックという、いつもの手口で勝ち。

本戦2本目。4人モト。スタートで2番手。このまま行けるかと思ったら、第1バームで刺された。とはいえ、それほど差がある訳でもなく、3回くらいアタックのチャンスがあったのに、イマイチ強引になりきれず、そのまま3位でゴール。敗退。某プロクラスの選手に「あれは行っちゃえたでしょ〜」と言われる。確かにプロクラスとかのレースを見るとかなりガチガチ当たっており、そういうレースなので、もっと積極的にいってしまっていいはずなんだよな〜。

今回もプロクラスの決勝は凄かった。バーム毎に順位がガラリと入れ替わる劇的な展開で、記憶だけでは誰がどこでどうなったかを言えないくらい。プロレーン後のダブルで九島勇気が刺し、プロクラスを制した。是非この迫力は現場で自分の目で確かめてもらいたいですね。その価値があります。
e0063242_1439219.jpgプロクラス決勝

Banshee Rampantに試乗。これは凄い!ダブルサスのネガを感じない。ボビングするとホイールベースが伸びる仕様なのか、漕ぐほど前に出る。ゲシッても変なおつりを食らわない。コーナーでは掛けすぎた荷重をサスが逃がしてくれ、簡単にコーナリング限界が上がる。サスがジャンプの踏切を手伝ってくれる。といい事ずくめ。4Xやショートトラックをやる人は一度試してみるといいかもしれません。ダブルサスに対する考え方が変わるでしょう。

Intense 951をちょろっと平地で。これはダウンヒルバイクとしてはかなり乗りやすい部類と思われる。BBがかなり低い(低すぎてフレームをヒットするかもしれないが)。171cmの身長ではMサイズでOK。
e0063242_14395069.jpg井出川選手。今回のベストショット。携帯のカメラで頑張ってみた。

[PR]
8月の定期戦といえば、地獄の猛暑の中ライバルを制するよりも熱射病を制する方が大変というのが定番。今年も、朝から暑いものの、時折そよ風が吹き「最悪」ではない環境。

今回は体力を考慮し、BMXのシングルエントリー。公式練習も本気フルコース2本とゲート以外は流した2本と程々で済ませた。

予選。5人モトの1人落ち。しかし、メンツを見ると油断は出来ない。1本目、相変わらずゲートのタイミングは良いのだが、最初のダブルでやられてしまう。4位。2本目、似たような展開。先月同様、AKOGさんが明らかに速くなっている。4位。3本目、ゲートも決まり、最初のダブルもギリギリまで漕ぎきった。第2ストレート進入時点で2位。決勝進出確定組は流していると思われるが、チャンスとばかりに2位確定を狙う。激しい追い上げも無く、そのままゴールへ。2位。予選まとめ、4-4-2位/5人モト。

決勝。7人モト。ゲート選択は最後で7ゲート。スタートはバッチリ!最初のダブルで平面着地をやってしまったが、4位くらいか。第1バームで1名転倒。バーム最上段に逃げて回避。第2ストレート前半でOKWさんに抜かれた(記憶は曖昧)!?しかし、第3ストレートでOKWさんにみるみる追いつき、第3バーム手前でロックオン!インが空いている!スルッとインに入り込み第3バーム上で若干の接触があったものの、両者転倒はなくブレイク。ここで3位浮上!!第4ストレートで若干乱れたものの、YETIの安定系フレームのお陰か転倒には至らずゴールへ。3位確定!!
事の一部始終はAkabaneVisionFilmsで。

苦節5年、緑山で初の3位表彰台。いや〜、いいものですね。ようやくといった感じです。
e0063242_11585195.jpg

9月のナイトレースもこの調子でがんばります。
[PR]