<   2011年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

e0063242_1151817.jpg
写真:Akihiro.NAKAO

ダウンヒルの翌日は4X National Ultimate Games #1に参戦。
ダウンヒルをやるようになったお陰で、下りでのコーナリングが随分と楽に出来るようになった。
で、本戦。スタートの瞬間は良かった…だが、クリートが外れ、即沈没。その後も漕ぎを入れる度にクリートが外れる状態に。こんな感じの時はクリートの替え時なのね…勉強になりました。定期的に、例えば1年ごとに替えるとかしておいた方がいいのかも。
なんだかな〜な感じだったので、そのままCコースへ。ハードテールでのCコースはスリリング。しかもリアタイヤはラーセンTTの1.9。でも、以前よりは遥かに色々と出来るようになったし、スイッチバックもくるりと回れるようになった。
e0063242_14293680.jpg
Aクラス決勝。KHS九島勇気選手、九島賛汰選手のワンツー。今年のKHSワークスジャージカッコイイ。アナウンスでずっと九島兄弟の名前を逆に言ってたw

e0063242_14292173.jpg
コチラはスモールファイナル。

e0063242_14291049.jpg
Bクラス決勝。タクミは残念ながら2位。第1ストレートのステップアップでアウト側に飛んでしまい、インを刺された。

e0063242_14285581.jpg
こちらは準決勝での九島賛汰選手。

e0063242_14284336.jpg
クロカンエリートのスタート。とんでもない勢いで登っていく様は圧巻。参加者や応援のノリはロードに近いかな。

e0063242_14283153.jpg
ボルゾイ。モデル体型の美人さん。立ち上がったら2mはあるんじゃないか?

e0063242_14281441.jpg
昨日のダウンヒル予選で4位を叩きだした4Xのコースデザイナー栗瀬裕太選手。

e0063242_14275354.jpg
永田ジュンヤ選手は膝の靱帯が断裂しているとの事だがよく走れるな…

[PR]
e0063242_11562939.jpg
エリートクラス優勝の井本はじめ選手(写真:Akihiro.NAKAO

富士見のJシリーズダウンヒルのスポーツクラスに出てきました。
初めてと言うことで色々余裕を持っておきたいので試走の出来る金曜から富士見入り。
金曜は晴れだったものの前日までの雨の影響が残り、レースのための新設セクションは田んぼ状態。
コースは通常営業時のものとはかなり変わっており、コーナリングよりも直線とドロップの度胸勝負主体といった所か。
レース当日。金曜よりはコンディションは良くなったものの、日陰箇所は相変わらずヌタヌタ&泥水が顔にかかる状態。練習3本目、本番を意識して攻めてみたが固くなったのかミスを連発。やはり、ヘロ〜っと走った方が速そうだ。まぁ、ヘロ〜っと走っても速くなるように練習する必要があるってこった。で、本番。後続に抜かれないことを目標に出走。スタート直後の登り返し直後の曲がりながらのドロップも問題なくクリア。ラインをいくつも選べるポイントはみんなが使っている最速ラインでも行けそうだったが、やっぱや〜めたで練習通りの迂回ラインを通る。ゴンドラ下に出る直前のバームが二重になっているポイントではブレーキしすぎて失速。ここのほぼゼロスタートは痛かった。Aダッシュ分岐後の直線は水を回避して速度を上げたが、最後の避けられないポイントでもろに泥水を顔に浴び萎える。ゲレンデに出た辺りで声援を受け、やる気復活。写真はコチラTさん写真ありがとうございます!妙にニヤけています。タクミと比べると全く乗り方が違う。もっと前傾でもいいのかな?腰を引きすぎですね)。芝では漕ぎまくっていたが、実はギアチェンジを忘れてほとんど空転状態だったような。
そんなこんなで44位/57人。限りなくビリに近いかと思っていたらそれほどでもなく、まぁ良かったのでは。
で、他のクラスを見学。エリートの時はAダッシュの大岩ポイントで観戦。実は大岩に行ったのは初めてで、大岩だけではなく、その周辺に無数の岩があり驚愕!まだ、自分には難しいな。井本はじめ選手は素人目で見ても明らかに速かった。あと、速いなと思ったのは青木卓也選手、清水一輝選手。で、順位も優勝井本、2位青木、3位清水の順番でした。
レース後の表彰式で青木選手が投げたSPYのゴーグルをゲット!捨てバイザーもついていたのでサインもらっちゃいました。また、表彰式後も各ブースでジャンケン大会があり、Tシャツやグローブ、ジャージ、タイヤなど豪華賞品がもらえます。レースに出ていなくてもジャンケンに勝てばいいので、是非観戦だけでもいいので来てみてはいかがでしょうか。
[PR]