この週末は中々のハードスケジュール。

土曜は前日が雨だったのでロード練。距離は35km位だったが、スプリントの繰り返しのような走りだったため、結構ハード。

日曜。某トレイルへ。「軽量化」のため、皆さんお待たせしスミマセンでした。久々のトレイルは非常に良かった。ノマドのセッティングはまだ模索中。今回サグはきちんととったが、プロペダルをかけすぎると弾かれるし、弱めすぎるとボビングで漕ぎが辛い。そうそう、INTENSEのTracerにちょっと乗ってみたけど、ノマドとは似ているようでかなり違う。Tracerはノマドよりやや下りよりか。あとヘッド周りのガチッとした剛性感が凄い。トレイル堪能後コンビニでご飯を買って食べている内に赤子のごとく居眠り。車の中で1時間ほど仮眠。
e0063242_030049.jpg

その後緑山へ。来週のFinalはMTBにも出るし、新コースではMTBで走ったことがなかったのでMTBの練習に絞った。やっぱりゲートはBMXの方がやりやすい。ゲート練習の際に、いい感じでスタートしたが、後ろから絡まれて派手に転倒。後ろからでもやられちゃうんだなぁ。

帰り道。ノロノロと渋滞にはまっていると、「ドンッ!」と突然後ろから強い衝撃が!後ろを走っていたヤツがアクセルを踏みすぎたようだ。後ろのバンパーは派手にひしゃげ、リアハッチも結構な凹み。中の自転車へのダメージは暗くて良く分からなかった。特に、ノマドはハッチのギリギリまで来ているのでダメージありそう…
[PR]
三重県桑名市のGONZOトラックで行われた日本オープン4Xに参戦してきました。

11/21(土)レース前日のAM6:00に出発。高速に上がるなり渋滞。先が思いやられる。4回くらい事故渋滞にはまる。途中、浜名湖SAで鰻の昼食をとろうとするも高くて断念。観光地価格だね。そんなこんなで、10時間かけて到着。着いた時には、日も沈みかけておりました。

しかし、GONZOトラックはナイター設備があるので、夜も走れてしまうのです。3時間くらい走ったかな。ダージャンコースやスラロームコースもあって、中々楽しめます。ジャンプ台付のプールがあるので、夏にはバックフリップとかの練習が出来るのかな?オレはやらんけど。 てか、ムリ。360°なら…
e0063242_22405437.jpg


レース当日。懸念されていた雨も夕方までは降らなさそう。いよいよコース発表。第2バームは狭い絶壁ショートカットがあります。第3ストレートが普段より内側の特設変則リズムとなっており、その後、プロクラスはビックリのコース外砂利コーナースペシャルです。本来は通路の砂利道がコースになっています(プロクラスのみ。そのほかは第3バームに行きます)。
e0063242_22413948.jpg

予選はタイム制。34秒台とボチボチ。また、ここでもYETI率高し。MCもYETIバブルと叫びまくり。YETI DJは、高級MTB界ではかなりのヒット作のよう。レースを協賛している代理店のFun Fancyさんも嬉しい悲鳴では?

決勝第1ヒート。3人モト。GONZOローカル勢、スタートが速い!3番手で追う展開。第2バームで前2人がアウトへ。チャンス!インコース絶壁ショートカットへ。これが大成功!練習どおりSPDを外さずに曲がりきり、2位で第3ストレートへ。背後に迫る感覚はあるものの、それ程近いというわけでもなく、そのままゴール。

第2ヒート準決勝。4人モト。自分以外は皆優勝候補と目される方ばかり。でも、諦めない。スタート。やっぱりゲート捌きがみんな上手い。4番手で第1バームへ。3番手とも距離が開く。そして、問題の第2バームへ。前3人が皆ショートカットに行ったのだからアウトにいけばいいのに、吸い込まれるようにショートカットへ。SPDが外れ、更にドロップオフ時に杭に足を打ちつけ、またSPD外れ。3番手の選手は遥か彼方へ・・・。ビリでゴール。

プロクラス決勝は、増田、渡辺、栗瀬、永田。第2ストレートまで永田が先行するも、増田に弾かれ転倒。プロの意地のぶつかり合いは凄まじかった。増田、渡辺、栗瀬、永田の順でゴール。
e0063242_22423970.jpg

レース後はDJトレイルで練習。跳び方のコツがつかめてきた。しゃくりあげる感じとリラックスが重要です。KODの時には雨が降ってきたものの、競技には支障ないレベル。GONZOの土質がいいのもあるかな。
e0063242_22425426.jpg

片付時に雨が強くなり、撤収。銭湯に寄り、SAで度々仮眠を取って、家に着いたのは午前4時。おつかれさまでした~
[PR]
11/15(日)はJOSFの定期戦。前日まで雨が降り続き、コースコンディションは若干ウエット。しかし、皆さんの整備のお陰で、レース時にはそれ程問題がない状態にまで回復しました(自分は準備に手間取りお手伝いできず。スミマセン)。
e0063242_17333036.jpg会場の風景

今回もBMXのみのシングルエントリー。準決勝がないとはいえ、予選から8名フルゲートは中々過酷だ。

予選一本目。練習の時の感覚で、最初のダブル手前の早すぎる段階で漕ぎを止めてしまい、集団に埋没。第2、第4ストレートで抜かれてしまうなど、寝ぼけているとしか言いようのないあり様。結果6位。

予選二本目。最初のダブルで多重クラッシュ発生。第1バームで何人か抜き、4位浮上。第4ストレートでオレンジ色のREDMANのOさんに追いつく。第4バームでインから入り、アウトを塞ぎ3位浮上。もつれながらゴール。Oさんスミマセン。

予選三本目。ゲートにヒットし、後方集団に入っていたが、第1バームでごぼう抜き。第2ストレートでも抜きさり、4位浮上。第4ストレートで後方に人の気配。インからアウトに抜けブロックラインをとったが、SPDが外れ失速。最後のテーブルトップで危うくぬかされそうになったが、ギリギリ4位キープ。

残念ながら6-3-4位/8人で決勝進出ならず。用事があったため、予選終了後早々に撤収。お疲れさまでした~
e0063242_1733503.jpgエリートクラス予選

[PR]
11/8(日)は、ありパノ4Xチャレンジに参戦。
富士見パノラマはこの時期になると日が当っているところは暖かいが、日陰や日が暮れると寒い。綿入りの上着が欲しいくらいだ。

さて、今回よりMTBのフレームがYETI DJ(Sサイズ)となりました!これは乗り易い。そりゃ、売れるわな。今回の4Xチャレンジでも一番数が多かったのでは?自分のモトでは4人中3人がYETI DJなんて事もあった程。

予選は、漕ぐタイミングをのがして、のんびりタイム。44秒台だったか。

昼は、前日に引き続き、足湯のうどんにした。消化に良いので、走りに響きにくい。

クラスは、男子オープンLoクラスに決定。男子オープン約50人中、40番台と例によって遅い。

第1レース。3人モト。ゲートはインから3番目。自分以外はゲート経験がほとんどなく、アウト側からインの2人に被せて行き、勝負あり。そのまま1位でゴール。

第2レース。4人モト。ゲートはインから2番目。ゲートにヒット。しかも、出だししばらく後輪がスピン。そんなにパワーあったっけ?隣と何度も接触するが引かない。インをとり、2位で第1バーム進入。何とか押さえる。第2ストレートは上手くいったが、第2バームで失速し、後続に追いつかれる。また、接触するが、「引かぬ、媚びぬ、省みぬ」の精神で引かない。コブの上でも漕ぎ続け、少し距離をとった。その後も後ろから突付かれるような状況だったものの、2位をキープし、ゴール。

準決勝。4人モト。ゲートはインから4番目。スタート失敗。さすが準決勝だけあって、みんな速い!なすすべなくそのまま4位でゴール。

e0063242_048367.jpg男子オープンHi決勝。九島賛汰選手がトップを快走。第1バームで九島勇気選手と土井昭選手が絡む転倒が発生。九島賛汰、渡辺雄大、土井昭、九島勇気の順位でゴール。

e0063242_0485817.jpg男子オープンHi表彰式。

e0063242_0491457.jpg緑山でもおなじみ「どんぐり戦隊」の同門対決。どんぐり戦隊は参加者数が多いので、同門対決もしばしば。でも、本業のトライアルはいつやってるの?と思ったらやるようです。11/22(日)「上州OYAJIカップ」に出るそうです。
自分は11/22(日)は4X日本OPENに参戦予定です。
[PR]
緑山ナショナル ジャパンシリーズ出場してきました。
金曜は天辺まで残業しており、睡眠3時間ほどで緑山へ。

練習走行…貧血。脚に血の気がなく、しびれているみたいな感じ。第1ストレートはかなり走りやすくなっており、ゲートで思い切り漕げる。そういえば最近、ホイールベースの長いYETIでもゲートで自然にフロントが浮くようになり、それを押さえ込む必要が出てくるなど、それっぽくなってきた。

組み合わせ。5人モト。MTBエリートおよびマスターズライダーがいるビックリモト。ガムバリマス…

予選1本目。上記2名がブッちぎる中、残り3名が熱きデッドヒート。第1バームでアウトに押し出されるような形になり、4位転落。確か第4ストレートのリズムで3位の人を刺し、3位でゴール!!

予選2本目。あまり覚えていない。第2ストレートリズムで3位の人にパスされた。4位。

予選3本目。第1バーム進入時、ビリ。で、例の3名が第1バームでバトル。今度は1本目と逆に自分がインから押し出すような形で3位浮上。第3ストレートで、Y村さんがペダル外れ?でスローダウンしているところをパス。2位浮上!!しかし、第4ストレートリズムでサクッと刺され、3位転落。そのままゴール。

決勝。8名フルゲート。1、2、3、5が埋まっており、4を選ぶと挟み撃ちに遭いそうだった為、ゲートは6を選択。ゲート失敗。やっぱり、ゲートに斜めに入っているのに気付いたら早めに修正すべきだと思った。第1バームでビリから7位に浮上。6位が届きそうで届かない。第4のリズムで追いつきそうになるも、アウト側から行ってしまったため第4バームでブロックされ刺せず。7位。

レース後はバニーホップ講座に出て、その後は練習走行と盛りだくさんの内容。マニュアル出来なくなった。短期間のうちにすっかり退化。
疲れきってしまい、緑山を出てしばらく行ったコンビニで仮眠。家に帰ってからも20分寝るつもりが3時間も寝てしまった…

今回、写真を撮る時間がありませんでした~
[PR]
新居から緑山への行き方もようやく慣れ、迷わず到着。
駐車場を見ると今日はちょっと少なめ。
SMXに行った人が多いのかな?案の定、MTBエリートは参加者が少なく、不成立。
しかし、それだけじゃない。何と!あの、BMX 30over、MTBノービス30までが、準決勝なしという異常事態。コース改修をしてから難度が上がり、参加を辞めてしまった人も多いのかも知れない?

今回はBMXのシングルエントリー。
予選1本目。最初のダブルで撃沈。ちょっと自分、ビビリすぎ!6位/7人。
予選2本目。今度は最初のダブルでよろけた人を轢いてしまい、ストップ&SPD外れ。6位/7人。
予選3本目。スタートがいい感じで決まった!2位でダブル進入。やっぱりビビる。4位くらいで第1バームへ。バーム毎に刺しつ刺されつの面白いレース。しかし、結果は5位/7人。

クールダウン中に久々にマニュアルの練習を試みる。意外にYETI superXってマニュアルやりやすいかも。大柄なフレームなので、まくれにくいし、スイートスポットが広いのか、持続し易い。とはいえ、数mレベルだけどね。

レース後はコース改修。第3ストレート進入にシングルを復活させ、その後のダブルは大幅に低くなった。また、第4ストレート出口のシングルをなだらか且つ浅くした。10/24(土)9:00~第1ストレートも改修します。
コースは難しすぎた事から、徐々に直しを入れているので、難度UPでレースに出なくなってしまった人には帰ってきてほしいなぁ。
e0063242_23511075.jpgBMXエリート決勝
[PR]
JBMXFスーパーシリーズ最終戦の開催地として急遽登場した「滝沢サイクルパーク」。埼玉県秩父市「大滝村」であって、100kmレースの王滝村ではないのは要注意。
BMXがオリンピック競技になったためか、コース新設や改修が行われるようになり、嬉しいですね。後は、ゴルフなどのプロスポーツみたいに、BMXを頑張った人たちがBMXで食っていけるようになると良いのですが。
読売の記事によると事業費7,800万円で、土地代はさほどしないであろう場所と思われるので、施設が結構充実するんじゃなかろうか?他もひたちなかのプレハブシャワー室くらいはあると助かるのですがね。
地元の方も盛り上げてくださっているみたいです。コース設計図はこちら
また、秩父BMX協会のサイトが出来たようです。
e0063242_1318633.jpg

[PR]
ナイトレースの余韻も覚めやらぬまま、Day2、9月定期戦です。

疲れが抜けねぇ。アミノバイタル一体何袋飲んだんだ?それでもダルダル。
朝の渋滞は、時間帯が早いこともあったのか、それ程でもなく、比較的スムーズに到着。

本日は、BMXのみに専念。長くなり、ギャップも深く数が多い新コースでは慣れるまではシングルエントリーにしないとどっちつかずでどちらもダメになってしまう。てなわけで、しばらくはシングルエントリーの予定。

BMX、4-6-4位/7人。予選落ち。
予選1本目、第3ストレートで3位の人をインから抜こうとしたところ3位の人が絡んできて転倒。しかし、4位でゴール。
予選2本目、最初のダブルで隣の人がよろけ、自分のジャージにハンドルが絡まる。転倒は免れたがペダルがはずれ、中々戻せず。そのままゴールへ。
予選3本目、特にトラブルはなかったが4位。第2ストレートで失速傾向にある。細かいギャップに身体が追いついていない。しかし、第3ストレートは速いんだよね。一時、3位浮上も見えたけど、抜ききれず。
最初のダブルを上手くこなせるようになれば、以前のように準決勝くらいはいけそうな感じ。練習が必要だ。
e0063242_13344861.jpgBMXエリート、高山祐次郎選手が優勝し、Day1、Day2共に制した。
MTBエキパ昇格がかかっていたタクミは残念ながら2位。次回へ持ち越し。
[PR]
今年も遂にやってきました。ナイトレースです。

シルバーウィーク中の開催と言う事で家から会場まで渋滞が予想されており、早目に家を出たものの、それでも予定より1時間近く遅くなり、予選1本目は走れず…ま、あんまり走っても疲れちゃうだけだし。

レース結果…忘れた。BMX、MTB共に順位を合計すると14だったような気がする?(基本的に12以下で予選突破)
BMX、5-5-4位/7人。MTB、5-4-5位/6人。だったかな?予選落ち。そんな感じ。
YETI superXは、非常に乗り易く、直ぐに馴染んだ。YETIってカリカリのレーサーブランドのイメージがあるけど、どれも乗ってみると凄く乗り易い。バイクでいうとホンダっぽいかも。誰でも直ぐにある程度のレベルまでは乗れる感じがね。

新コースはとにかく最初のリップが立ったダブルが怖い。伊豆修善寺の最初のダブルを低くした感じか。最近の世界戦で使われるコースのトレンドのようだが、自分は苦手。跳びきれる人はいいけど、それ以外は面に弾かれて飛ばされる人がほとんど。ここでよろけて多重クラッシュというのも多い。世界に通用する選手を育てるために難所はあった方がいいかもしれないけれど、怪我人多発じゃ会場主からお咎めを受けそうだし、何かしらの改善は必要じゃないかな?

しかし、唯一プロレーンを跳び切った吉村ジュキアは凄い!!失敗してもプロレーンにこだわる根性、感心します。ナイト一発昇格で、翌日はエリートクラスで出場。
e0063242_1315633.jpgMTBノービス30、ワカトさん3位!初表彰台!!

e0063242_13153214.jpgMTBノービス、富士見4Xでも優勝したタクミが優勝。Day2で勝ち、エキパ昇格を狙う。

e0063242_1316261.jpgBMXエリート、高山祐次郎選手が優勝。
[PR]
朝から脚は既にパンパン。練習走行では最後まで漕ぎきれないことが判明。後半は衝撃吸収も出来ずにただただ棒立ち。

予選タイムトライアル。男子オープン、下から5番目くらいか。酷すぎるね。

決勝。2~4名同時に走って上位2名が次のレースに進めるおなじみのルール。初戦は3人でのレース。ゲート決めはジャンケンで最初に勝ち抜けたのになぜか右から2番目を選択。一番右にしておけば良かった…スタートで両側2人に挟まれて引いてしまい3位後退。その後、何度か2位に届きそうになるも、ダメ。初戦敗退。

e0063242_14455929.jpgプロクラス決勝。増田が猛追。
プロクラス決勝はKHS九島賛太、九島勇気、UNAUTHORIZED増田直樹、ARESTECH永田隼也の4人。1コーナーで永田がアタックを喰らい転倒。九島兄弟を増田が追う展開。その後、増田が九島賛太を刺し、2位浮上。九島勇気が1位で逃げ切った。

e0063242_14534724.jpgプロクラス表彰式。賛太はダウンヒルの練習へ…

e0063242_14485394.jpg男子オープンLOWクラス。昨日、一緒に丸金林道に行ったタクミが1位!!若いっていいね。回復力が違う…
[PR]